清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あべの109の舞台裏…「西海岸の風」大阪に吹かせる

 オープンから1年を目前にした3月17日。阿倍野109で初めての店舗入れ替えにより登場したのが、アメリカン・カジュアル(アメカジ)の新鋭ブランド、Neon Soda(ネオンソーダ)だ。本家の渋谷109に3月3日オープンし、翌週末には名古屋の百貨店、丸栄に開店。オープンから2日間の売り上げは、阿倍野が最高だった。

 その原動力となったのが店長の太田絵理子さん(26)。長い金髪にマスカラでばっちりカールしたまつげ、ピンクの頬と唇…。米西海岸へ瞬間移動したような錯覚に襲われたが、「心斎橋は奇抜なオシャレだが、幅広く支持を集めるにはシンプルさをミックスしないといけない。お客さんにリピーターになってもらうために、しなきゃいけないことは山ほどある」という冷静な分析を聞いてわれに返った。

 18歳のときからアパレル業界に身を置く。梅田大丸や難波高島屋に入る人気ブランド、ルーミーズで勤務していて、ネオンソーダの店長職を紹介され、引き受けた。4人のスタッフとともに、真っ白の状態から立ち上げた店を手探りで切り盛りする。

 本来のターゲットは18歳前後だが、小学生から中高生、若い母親まで客層は幅広く、中には孫へのプレゼントを買いに来る女性もいるという。

 109を運営する東急モールズデベロップメントの広報担当者は「憧れだけでは8年も続かない。お客の感覚を肌で理解している」と太鼓判を押す。

 ただ、大阪は値段にシビアな土地柄だ。比較的求めやすい価格のアメカジでも、商品と値段をてんびんにかける傾向が大阪では目立つとか。秋冬に向けて商品構成を練る日々だ。

 「カジュアルといえばネオンソーダ、といわれるようにリピーターを作って、将来は商品企画に携わりたい」と目標を語ってくれた。(南昇平)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120404-00000114-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/17 06:35 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



FXの仕組み