清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンホールの技術をスピーカーに 鋳物の可能性広げる町工場

【ホッと一息@北海道】

 オーディオのスピーカーと言ったら木の箱で作られているもの、という固定観念は捨てた方がいい。マンホールのふたなどを手がける北海道旭川市の鋳物工場が開発したスピーカーは重い鋳鉄でできているが、自然な音が再現できると全国にファンを広げている。今年の北海道チャレンジ企業表彰やものづくり日本大賞の優秀賞を受賞するなど、確かな技術は行政も認めるところだ。唯一無二の商品を生み出した臼井憲之社長(50)は「これからも旭川に根ざして、ここの気候風土にあったものづくりに励みたい」とこだわりを見せる。(札幌支局 藤井克郎)

 旭川市郊外の工場地帯の一角に、目指す臼井鋳鉄工業はあった。大正14年の創業で、社員10人という典型的な町工場の風情だが、昨年3月に2階の事務所を改装して作ったというギャラリーに案内されて驚いた。同社が製造するスピーカー「CASTRON」がぐるりと配され、アコースティックギターの繊細な音からハリウッドアクション映画の爆音まで、実にクリアに再現される。

 「鉄の箱のスピーカーというと、硬くて冷たい音なんじゃないか、キンキンするんじゃないか、というイメージを持つ人が多い。でも実際に音を聞いたら、そのイメージは覆されるみたいです。小さい細かい音まで、臨場感を忠実に再生できると思います」と4代目の臼井社長は胸を張る。

 創業当初は農機具の部品を製造していた同社は戦後、下水道のマンホールのふたの専門となり、道内の3分の2の市町村の受注をしていた。だが臼井さんが社長を継いで設備投資をしたとたん、公共事業の削減が図られ、注文が激減、会社は危機を迎える。10年少し前のことだった。

 「他社が手がけている産業部品の分野に飛び込んで勝負できるのか。後発だとそれなりのメリットがないと使ってもらえない。どうしていいのかわからない、という状態でした」と臼井さんは振り返る。

 とにかくインパクトのあるものを作って、話題を集めよう。そう思った臼井さんは、中学のころからオーディオが趣味だったこともあって、スピーカーの箱を思いつく。鋳鉄製のスピーカーなどどこも手がけておらず、成功すれば話題にはなるんじゃないか。仕事の後、夜な夜な1時、2時まで工場にこもって試行錯誤を繰り返した。「没頭することで、経営面での苦しさから離れることができた」と打ち明ける。

 こうして何とか試作品ができ、平成12年に東京ビッグサイトでの産業交流展に知り合いが出展するというので一緒に置かせてもらったところ、あるオーディオ誌から「おもしろいね」との評価を得る。飛び込みで訪ねた東京・秋葉原の専門店でも評判がよく、「商品化することになったら教えてほしい」との言葉を聞いて自信を深めた。

 その後、さらに改良を重ね、14年にCASTRON(キャストロン)のブランド名で発売。CASTRONとは、英語で鋳鉄を表す「cast iron」のiを抜いてつなげたネーミングで、語尾の「トロン」が最先端っぽく、名付け親の臼井さん自身も気に入っているという。受注生産のため、10年で大小合わせて200セットほどを販売したというが、「ブランドというのは安心や信頼の証しであって、たかだか10年くらいじゃ信頼していただけない。生産台数は少なくてもいいから、20年、30年と続けることで、ブランドとして認めてもらえるように持っていきたい」と力を込める。

 CASTRONの特徴はまず強度にある。スピーカーの内部は圧力が高く、木製の場合は板を厚くしたり内部の構造に工夫を施すなどして強度を高めるが、鋳鉄は材質的な強さに加え、つなぎ目のない一体構造にすることで、小さな箱でも十分な強度が得られるという。

 さらに木製のスピーカーは、内部にグラスファイバーなどの吸音材を張って余分な音を吸収させるが、ボリュームを絞ると必要な音まで吸い取られることがある。ところがCASTRONは、あらかじめ内部に凹凸をつけて鋳造するので吸音材を入れる必要がなく、小さな音量でもすべての音がクリアに聞こえる、と臼井さんは説明する。

 幅126ミリ、高さ250ミリと、CASTRONの中で最も小型の「MP-01」は、2台セットで15万円とお手ごろ価格だが、音の切れ味は変わらない。「今の時代はくっきりとした音が好まれるので、タイミングもよかったかなと思いますね。ただ音は好みの世界ですからね。この音が気持ちいいと感じてくれるユーザーを増やしていきたいなと思っています」

 すべては出会いがあったから、と謙虚に語る臼井さんだが、高い技術力に裏打ちされているのは事実だ。今年になってからも、北海道チャレンジ企業表彰を経営革新部門で受けたほか、経済産業省が主催する第4回ものづくり日本大賞の優秀賞も受賞している。

 その技術というのが、ダクタイル鋳鉄といって、同社ではもう30年以上も前に独自の方法で身につけた。ダクタイル鋳鉄は、鋳鉄内の黒鉛の形状を化学変化で球形にすることで熱や圧力に強い構造になっており、スピーカーのほかにも5~6年前にはジンギスカン鍋を開発している。

 北海道遺産でもあるジンギスカンだが、出回っている鍋はほとんどが道外の商品で、しかも安価な中国産などは材質が薄く、焼きむらが出る。臼井さんがダクタイル鋳鉄を使ってジンギスカン鍋を作ったところ、均等に熱が伝わる上に、肉汁が鍋の縁に垂れて野菜を煮込むような形になった。チンギスハンを描いた井上靖の小説と同じ「蒼(あお)き狼(おおかみ)」の商品名で売り出すと、7800円という高価格にもかかわらず、想像を超える注文が殺到したという。

 さらにCASTRONのブランド名を冠した鋳鉄製の洋鍋「キャストロン・オーバル」も発売。こちらは2万3000円とさらに高価だが、地元の食材を地元の鍋を使って調理したい、という声に応えて、最高級の商品に仕上げた。今後はシリーズ化したいと夢は膨らむ。

 だが、いくら全国にスピーカーや鍋のファンが増えても、旭川を離れるつもりはない。「イギリスには、プレーヤーのメーカーなどビッグネームの有名ブランドが地方にあり、そこで世界中のファンに向けたものづくりをしている。それが一つの理想なのかなと思いますね。たとえばストーブは北海道とは切っても切れないものだし、地元だからできる製品があるはず。それって会社の強みにもなると思うんです。北海道らしい気候風土の中でものづくりをして、そこに世界中から人が集まる。そんな思いを抱いています」と臼井さんは目を細めた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000553-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/18 06:07 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



FXの仕組み