清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新天地で初の個展 震災後、岡山・玉野市に転居した革製品デザイナー

 東日本大震災を機に、東京から玉野市に転居した革製品デザイナー、満田秀二さん(44)による初の個展が、同市築港のアート工房「駅東創庫」で開かれている。22日まで。

 満田さんは、昨年3月の大震災に伴う福島の原発事故を心配し、東京から移ることを決意。ちょうど直後の4月に第一子の長男が誕生したこともあり、「不安材料が多く、少しでも良い環境で子育てをしたい」と、人脈を頼って昨年11月、家族3人で玉野市に移った。

 革製品のデザイナーとして東京にいたころから材料の仕入れは兵庫県姫路市、縫製は香川県内の業者に依頼していたこともあり、「中間地点という立地条件も気に入った」という。

 今回の個展では、転居後に手がけたバッグ類13点と小物類4点を展示。満田さんの製法は着色済みの革から形にする一般的な作り方でなく、なめした状態を形にして最後に色付けする手順で、「色にムラも出てやや変形もするけど、それが私の求めるアンティークな作品となる」と自負する。

 満田さんは「見知らぬ地なのにすぐに仲間ができ、助け合いながら創作に励めるのが良い」とすっかり新天地になじんでいる。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000587-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/20 08:51 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



FXの仕組み