清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学生発ゴスロリ 欧州にヒラリ 大阪の専門学校生がデザイン

 大阪のファッション専門学校生がデザインした「ゴスロリ」(ゴシック・アンド・ロリータ)ファッションが今春、ヨーロッパで商品としてデビューした。レースやフリルをたっぷりと使った日本発の「ゴスロリ」は海外でも熱狂的なファンがおり、日本の文化産業を海外に発信する国の「クール・ジャパン戦略」でも注目分野。学生たちも張り切っている。(岸本佳子) 

 デザインを担当するのは、上田安子服飾専門学校(大阪市)のファッションクリエイター学科の学生。衣装は3月から、ドイツ語のサイト「DORAGUMA(ドラグマ)」で販売されている。ワンピースは約170ユーロ(約1万8千円)、スカートは約150ユーロ(約1万6千円)など計12種類を扱い、学生のアイデアが採用されている。

 同校ではゴスロリ人気の高まりを受け、昨年4月、ファッション専門学校でも珍しい「ゴシック&ロリータファッションコース」を設置。ドイツでゴスロリブランドを企画し、デザイナーを選定していた南西部の都市マンハイム在住の内山フロメル麗奈さん(29)がその活動を知り、「若い学生さんにぜひデザインを」と連絡してきた。同校では「学生にとって経験を積めるいいチャンスになる」。学生も昨年夏から熱心にデザイン画の制作に取り組んできた。

 ヨーロッパでは、「アニメ」「コスプレ」などと並んで、最近ゴスロリ人気が高まっている。「日本のアニメや音楽の人気がヨーロッパで定着するにつれ、人気が高まってきた」と内山さん。フランスやドイツの若者が、日本からゴスロリブランドの洋服を取り寄せたり、インターネットのサイトで中古品を交換しあったりしているという。

 若いデザイナーに着目した理由について、内山さんは「流行にも敏感な若い学生さんたちのデザインを採用することで、他のブランドにはない商品が作れるのではないかと考えています。どれもすばらしいデザインで可能性に満ちあふれている」と期待している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000116-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/20 18:33 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



FXの仕組み