清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島沿岸部「認知症の表面化が増加」-県内の精神科医が指摘

 福島県内で精神科病院を運営する財団法人金森和心会の松本清治理事は20日、東京都内で講演し-、原発事故による被害を受けた県沿岸部の浜通り地域で、認知症が表面化するケースが増えていると指摘した。松本氏は「自宅で野良仕事があれば、多少物忘れがあっても何とか暮らしていけたが、避難先で仕事がなくなってしまった」などと述べ、それまで表面化していなかった認知症が、避難生活をきっかけに表面化したとの見方を示した。

 ファイザー(東京都渋谷区)が開催したプレスセミナー「東日本大震災 こころのケア支援プロジェクトの活動報告」で講演した。
 金森和心会では、県沿岸部の南相馬市と中心部の郡山市内で精神科病院をそれぞれ運営しており、松本氏は「郡山で外来を診ていると、うつや不眠の初診患者が多いが、南相馬では認知症の割合が圧倒的に多い」と述べた。

 また、日中から酒を飲んで暴れるなど、飲酒をめぐる問題も表面化しつつあると指摘。原因については、「被災地域には漁師町がたくさんあり、暗いうちから仕事を始め、早朝に漁を終え、一杯やるのが当たり前の生活だった。しかし、避難先ではそういうこともできないし、仕事もない。明るいうちから飲んだり、毎日飲んでしまったりする」などと述べた。

 さらに、福島第1原発事故による沿岸部の住民のストレスを、「持続性で現在進行形のもの」と指摘。こうした状況に対応するには、衝撃的な経験をした「後」に生じるストレス障害を指す「外傷後ストレス障害」(PTSD)に代わる、新たな疾患概念が必要だと訴えた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000007-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/20 21:34 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



FXの仕組み