清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【関西あれこれアニバーサリー】クリスタ長堀 開業15周年

 ■利便性追求、外国人客をも魅了

 大阪市内を東西に走る長堀通の地下に延びる地下街「クリスタ長堀」(大阪市中央区)は今年、開業から15周年を迎える。長堀通の堺筋から四つ橋筋までの地下街で、全長は730メートル、延べ床面積は8万1765平方メートルに及ぶ。梅田駅や新宿駅など、複数の地下鉄などがつながっている地下街を除いた単独の地下街として、全国1位の大きさだ。(佐藤裕介)

 クリスタ長堀は平成9年5月、大阪市営地下鉄「長堀鶴見緑地線」の一部区間の開通を前にオープンした。天井部分に自然光を採り入れる特徴的なガラス張り構造を採用した明るい構内には「ファッション」や「グルメ」など4ゾーンに計約100店が出店。長堀鶴見緑地線の開業後は、市営地下鉄の四ツ橋、心斎橋、長堀橋の3駅を結ぶ利便性の良さなどから、大阪の最新ファッションの発信拠点として注目を集めてきた。

 だが、これまでの歩みは必ずしも順風満帆ではなかった。景気低迷の影響で、開業直後は好調だった売り上げも、11年度には当初計画の6割強にとどまるなど、苦しい時期もあった。それでも、18年に大手百貨店のグループ会社「大丸コム開発」がクリスタ長堀の運営に参画すると、売り上げは上昇に転じた。一時70億円ほどに落ち込んでいた売上高も、23年度は81億円まで回復した。

 大丸コム開発の酒徳昇治営業課長によると、同社が重視してきたのは「ライフスタイルに合わせた利便性の追求」。商品の輸送上の不便さからこれまで地下街での出店は難しいとされてきたコンビニも、店舗近くの地上に駐車スペースを確保することで、22年中には計2店のオープンにこぎつけた。また、百貨店の接客技術を取り入れた研修を実施。各テナントがコラボしたブライダルイベントを開催するなど、接客、集客力の向上に向けて工夫を凝らしてきた。

 「各種の取り組みが相乗効果となって、集客力が向上していると実感しています」と酒徳さん。

 そんなクリスタ長堀では今、外国人観光客姿が目立っているという。特に多いのが中国人観光客だ。大手旅行会社の関西観光のルートには、クリスタ長堀周辺が組み込まれている場合も少なくない。

 中国人観光客の増加を受け、昨年9月から全店舗で中国のクレジットカード「銀聯カード」が使用可能になった。一時期の困難な時期を乗り越え、大阪だけでなく、アジアに対しても強い集客力を発揮できるようになったクリスタ長堀。利便性を追求しながら、大阪の最新ファッションの発信拠点としての進化を続けている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000117-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/28 15:40 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



FXの仕組み