清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<関越道バス事故>防音壁めり込み 車体軽量化で被害拡大か

 ツアーバスが衝突した関越道の事故現場は片側3車線で、長さ10~15メートルのガードレールと並び、高さ3メートルの防音壁が続いていた。激突によって、防音壁はバス前部の中央から座席7列目付近まで、車体を断ち割るようにめり込んだ。

 自動車の安全性を研究してきた芝浦工大名誉学長、小口泰平名誉教授=自動車工学=は、スピードを出したまま衝突したことが直接的な原因としながらも、「車体の軽量化という流れが被害を拡大させたのではないか」と指摘している。

 「速いスピードと衝突の角度という条件がそろったことで、防音壁が車体にめり込む形になった」と指摘。乗用車に比べて車高の高いバスでは、バンパーの効果も限定的だという。

 また、バスの車体は近年、軽量化や騒音の低減を目指して構造の見直しが進められていた。通常の事故では強度に問題はないものの、いったん防音壁などがめり込めば、遮る物がない「箱形の構造」になっているという。

 小口名誉教授は「今回の事故は特殊なケースだが、昔のバスの構造なら、あそこまでめり込むことはなかっただろう」と話している。【川崎桂吾】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000077-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/29 21:55 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



FXの仕組み