清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MADE IN JAPANの底力

 ■生地も縫製も世界一 「職人の仕事」に光

 ファストファッション全盛時代。店頭で目立つのは中国をはじめとする海外で生産された衣料品だ。そうした中、“MADE IN JAPAN”の良さが再認識されている。

 大阪・梅田に2月にオープンしたセレクトショップ「ソルト・アンド・ペッパー」。米ボストンの老舗ショップをイメージした店内にはアイビースタイルのジャケットやセーター、パンツなどが並ぶ。英国や米国のブランド物もあるが、大半は店のオリジナル商品。その8割が日本で縫製されたものだ。

 ◆手ごろな価格で

 「このシャツは大阪・八尾の75歳の職人さんが1人で縫っているものです」。バイヤーの中見川宜紀さんが手にしたのは白色のボタンダウンシャツ。「1日20枚が限度だが、こんなきれいなステッチは中国ではできません」。この職人さんは以前は百貨店からオーダーシャツの注文を受けていたという。

 このほか、スーツは岐阜と青森、パンツは岡山、カットソーは大阪、ネクタイは東京で生産されたものだ。海外で縫製されたものもすべて日本製の生地や糸を使っているという。

 同店はカジュアルウエア大手のライトオンが始めたセレクトショップ事業の1号店。日本製にこだわったのは「結局は生地も縫製も世界で日本が一番だから」と中見川さん。日本製が多いとはいえ、価格はどちらかというとリーズナブルだ。

 ◆海外でも勝負

 同じ梅田の阪急百貨店メンズ館。今年2月、シャツ売り場に登場するや爆発的に売れ出したシャツブランドがある。

 「HITOYOSHI」。熊本県人吉市にあるシャツメーカーだ。もともと有名ブランドから生産を受けていたが、3年前に親会社が破綻。雇用を守るため、地元のファンドに資金を出してもらって独立した。

 その縫製技術に阪急百貨店のバイヤーが目をつけ、商品を共同企画。初めて自社ブランドで売り出すことになった。大阪より一足早く、昨年10月から同ブランドを扱っている東京・有楽町の阪急メンズ東京ではシャツ売り場の売り上げの40%を占める。梅田も1週間に30~40枚の売れ行きという。

 「イタリアなどのインポート顔負けのでき映え」(阪急百貨店)にもかかわらず、9975円という手頃な価格が人気の秘密。同ブランドは将来、海外進出も視野に入れている。“MADE IN JAPAN”にはまだまだ底力が残っている。

 ■ソルト・アンド・ペッパー

 大阪市北区大深町1の1、ヨドバシ梅田6階 (電)06・6376・6505 商品の価格帯はシャツ5900~9800円、アウター1万4800~1万5800円、パンツ6900~9800円など。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000125-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/04/15 03:42 ] 未分類(その他) | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【MADE IN JAPANの底力】
■生地も縫製も世界一「職人の仕事」に光ファストファッション全盛時代。店頭で目立つのは中国をはじめとする海外で生産された衣料品だ。そうした中、“MADEINJAPAN”の良さが再認識されている。大阪・梅田にジした店内にはアイビースタイルのジャケットやセーター、パン?...
[2012/04/15 03:55] まとめwoネタ速suru


FXの仕組み