清潔感と好感度が「できる男」を演出!「デキる男」もやっぱり「持ち物」が大事!                                       仕事で忙しいあなたに代わって「見た目アップ」のこだわりイ・ロ・ハをあなたにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筋ジス患者と家族の写真展…東京・府中で4日から

 先天性筋ジストロフィーと闘う東京都府中市在住の加藤慎大郎さん(24)と、その家族の姿をとらえた写真展「命の限り」が4日から、同市府中町のルミエール府中で始まる。

 加藤さんは自宅で闘病生活を続けており、その命を支える医療スタッフなどの奮闘も紹介される。

 展示されるのは、写真家の菊池和子さん(66)(品川区在住)が撮影した約60点の写真。元教員の菊池さんは1999年、調布市の小学校に赴任した際、当時6年生だった加藤さんと出会った。加藤さんは車いすに乗り、母親の道子さんの全面介助により、普通学級で学んでいたという。

 菊池さんは担任ではなかったが、明るさを忘れない親子の姿にひかれ、以来13年間にわたり、シャッターを切り続けてきた。2001年と08年には写真集を刊行し、その度に各地で写真展も開催。先月には加藤さんをテーマにした3冊目の写真集「命の限り」を出版し、これに併せて、まず加藤さんの地元・府中市で写真展を企画した。

 加藤さんは生後2か月で筋ジストロフィーと診断され、15歳ぐらいまでの命と告げられたという。その年齢を大きく超えた加藤さんはいま、車いすからストレッチャーになり、人工呼吸器を付けて生活している。

 「自宅がまさに病室であり、在宅医療と介護の最前線」(菊池さん)になっており、今回の写真展では、20歳を過ぎてからの加藤さんの姿を中心に、医師や看護師、日常の介護を手助けするヘルパー、入浴サービスのスタッフなどを収めた作品も並ぶ予定。

 菊池さんは撮影の度に、「(家族が)温かいつながりの中で前向きに暮らしている。それが素晴らしい」と感じるという。「支えるスタッフの仕事ぶりや、人と人との関わりも見てもらえたら」と話している。

 写真展は8日まで。午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。入場無料。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120503-00000301-yomidr-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/05/03 11:49 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)

高速バス衝突 日本語が不自由…運転手はなぜ大型2種免許を取れたのか

 群馬県の関越自動車道の高速ツアーバス事故を受け、国土交通省は2日、ツアーバスの運行を請け負う全国のバス会社約200社を対象に来週にも行う重点監査の中で、日本語の不自由な運転手が雇用されていないかどうか初めて実態調査する方針を固めた。自動車運転過失致死傷容疑で逮捕された河野化山容疑者(43)が、日本語が不自由とみられることが判明したため。事故や火災など緊急時に日本語の能力は欠かせないとして、国交省は日本語能力と安全をめぐる監査に乗り出す。

 ■言語能力に規制なし

 国交省によると、全国で約4000社ある貸し切りバス会社のうち、高速道路を使い、長距離のツアーバス運行を請け負うのは約200社。重点監査は、運転手の運転時間と距離の指針が守られているかどうかや、交代要員の有無など労務管理の実態を調査。その中で、運転手が言語能力の面で運行上の安全に関する規則を理解しているかどうかについても調べることにした。

 国交省によると、バス運転手の言語能力そのものを規制する法令はない。大型バスなどを運転できる旅客用の大型2種免許を取得すれば、運転に必要な言語能力について「事実上、担保されたことになる」(安全政策課)ためだ。

 バス会社は、道路運送法の施行規則で運転手に安全の面で適切な指導をすることが求められている。仮に会社が日本語の不自由な運転手に運行ルートなどの指示をした際、理解不足であることを知りながら雇っていたことが判明した場合は、同法違反となり行政処分を受ける可能性がある。

 国交省幹部の一人は「日本語すら理解できない者が、道路運送法で定められた安全に関する事項を理解しているかどうかは大変な疑問がある」と強調。その上で「そういった運転手の実態を監査を通じて把握し、バス会社が適切な安全管理をしているか明らかにしたい」としている。

 ■「仕事上、問題ない」

 群馬県警捜査本部の調べによると、河野容疑者は中国で普通免許を所持。日本国籍を取得した翌年の平成7年3月、日本の普通免許へ切り替えた。

 12年ごろ大型1種を取得し、21年7月に大型2種を取得。バスの運転歴は約2年で、昨年7月に千葉県印西市のバス会社「陸援隊」の従業員になったと供述した。同社には当初、中国や台湾人観光客向けの運転手として雇われていたとみられる。

 また「富山県の方には10回くらい仕事や私用で来ている。新潟にも10回くらい来ている。ほとんど高速道路だった」とも話した。

 取り調べは中国語の通訳を介して行われ、日本語の理解度について「仕事上、生活上は問題ない。一般的な漢字も書ける。平仮名よりも漢字の方が分かりやすい」と供述した。

 だが、事故を起こしたバスの車内アナウンスは、乗客の証言から、あやふやなものだったことが分かっている。取り調べでも難しい日本語は理解できていないといい、捜査幹部は日本語能力に疑問を呈している。

 ■漢字が読めれば

 警察庁によると、バスやタクシーといった旅客自動車を運転できる2種免許は、国籍に関係なく1種の取得から原則として3年経てば受験資格が得られる。2種の学科試験は、故障のために踏切内で車が動かなくなったときの旅客の誘導といった運転手としての心得に関する質問が全体の4分の1を占めるという。

 日本語が不自由でありながら、なぜ大型バスさえ運転できる大型2種を取得できたのか。

 関東地方の自動車教習所の男性担当者は「不思議に思うだろうが、日本語が話せなくても中国人は漢字が読めるので学科試験に合格できる」と打ち明ける。

 この教習所は中国語の交通教本を用意。乗務員の禁止行為など運輸規則を覚える必要があるものの、担当者は「平仮名で書かれた文末の微妙な言い回しに苦労することはあるが、大型2種の教習コースを経て実際に合格者もいる」という。

 ■「1カ月でOK」

 中国系の商業施設が集まる東京・北池袋の「永安自動車教習所」では、受付の中国人女性、張哲さん(26)が「日本語が全然分からなくても大丈夫。中国人の先生が通訳しながら指導するので最短1カ月で取れます」と笑顔で話した。

 陸援隊と同様、「インバウンド」と呼ばれる外国人客向け業務を行う千葉県のバス会社の女性社員は「県内だけでも日本国籍を取得した運転手を何人か知っている」。埼玉県の同種のバス会社の男性課長は「運転手を採用する際、免許証は確認するが国籍取得はチェックしない」という。

 一方、鉄道の運転士は外国籍の人にも門戸が開かれているが、国交省の担当者は「日本語がうまく話せない人はいない」と話す。運転士になるために必要な「動力車操縦者運転免許」の試験では、難解な専門用語の意味などを記述しなければならないためだ。鉄道会社の指定養成所でも学科講習を400時間以上受けなければならず、担当者は「日本語が分からなければ、まず試験には受からない」という。

 公益財団法人日本バス協会の船戸裕司常務理事(62)は「火災などの緊急時は乗客を速やかに誘導しなければならない。日本語を話せない運転手を1人で乗務させていたとは信じられない」と話すが、陸援隊のように非加盟のバス会社も多い。状況さえ把握し切れていないのが現状だ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120503-00000503-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/05/03 11:08 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)

<「ももへの手紙」>チェコの映画祭で最優秀長編作品賞受賞

 公開中のアニメーション映画「ももへの手紙」(毎日新聞社など製作委員会)が、チェコのテプリツェで開かれたアニフェスト国際アニメーション映画祭で最優秀長編作品賞を受賞した。邦画の受賞は初。同作は「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之氏が監督、瀬戸内海の小島を舞台にした親子の愛情と絆の物語。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000055-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/05/02 18:43 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)

【ファッションNavi】シェア世界一「栄レース」 優美繊細リバーレース

 今年の春夏ファッションで人気の「レース」。優美で繊細なレースはいつの時代も女性のあこがれで、18、19世紀には宝石と同じように、財産目録や遺言状にまで記されたほどの高級品だったという。そのレースで世界一のシェアを誇るメーカーが、兵庫県宝塚市にあると聞き、早速訪ねてみた。(木村郁子)

 レースは編み方や模様、産地などによって数百を超える種類があるが、なかでも最高級レースが、リバー編み機で編む「リバーレース」。立体感と繊細さが特徴で、昨年イギリスのウィリアム王子と結婚式を挙げたキャサリン妃が着ていたウエディングドレスにもリバーレースがふんだんに用いられていた。

 そのリバーレースのシェアで世界一を誇るメーカーが、昭和33年創業の「栄レース」(本社・兵庫県宝塚市)。世界に現存する200台のリバー機のうち半分近くを保有、デザインから編み、染め、さらし加工まですべて、国内外に保有する自社工場で行っている。その品質の高さは世界に認められ、クリスチャン・ディオールやイッセイミヤケ、イタリアの下着メーカー「ラ・ペルラ」など多くの高級ブランドが顧客に名を連ねる。

 「リバーレースは編み物ではなく、組みひもの原理で作られているので、レース自体に強度があることが特徴です。さらに優しい手触りや浮き出るような柄が他の種類のレースの追随を許さないところです」と澤村徹弥社長。

 髪の毛より細い糸を厚さ1ミリ以下の薄い円盤形のボビンに巻き付ける。5、6メートルにわたって、4000枚から5000枚のボビンが並ぶさまは圧巻。ここから繰り出された糸がリバー機の中で複雑に絡まり、優美な模様が浮かび上がる。

 ただ、リバー機は新しいものは製造されておらず、ほとんどが100年近く前に作られた貴重品。糸を巻くボビンに少しでもひずみがでれば、仕上がりに大きく影響するので、職人が一枚ずつ、手でたたいてもとの状態に戻す。機械の調子や天候も考慮しながら、糸を選び、ゆっくりと作業する。人の手が加わった丁寧な工程が、繊細なレースを作り上げていく。

 「精密機械で安価に作れるレースが増えていますが、それでも私たちがリバーレースにこだわり、作り続けるのは、レースの豊富さと繊細な糸使いの美しさに魅了されているからかもしれません」と笑顔で語る澤村さん。世界が認めた優美で精巧な技術の一端を知るだけでも、なんだかとても誇らしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000108-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/05/02 15:43 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)

大阪市職員入れ墨調査開始 橋下市長「聞かなければならない組織自体おかしい」

 大阪市の橋下徹市長は2日、全市職員を対象に始めた入れ墨の有無を尋ねる記名式のアンケートについて「人事管理として聞いておくのは問題ない。こういうことを聞かなければならないような組織自体がおかしいし、やらなくてもいい組織にならなくてはいけない」と述べ、調査の正当性、必要性を強調した。

 調査は市職員倫理規則を根拠として、1日に開始。首や腕、膝下など「業務中に市民の目に触れる可能性のある部分」は市長の業務命令で回答を義務づけ、その他の部分については任意回答だが「できる限り協力を願いたい」としている。

 市によると、実施にあたっては複数の弁護士に妥当性を相談し、問題ないと判断したという。橋下市長は「勤務中に入れ墨が市民の目に触れることになれば、市民が不安感や威圧感を持ち、ひいては市の信用を失墜させることにつながるのは明らかだ」としている。

 市は「実態を把握した上で人事配置上の配慮を行う必要がある」としており、市民の目に触れる部位に入れ墨がある場合は、市民と接しない部署への配置転換なども検討するという。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000526-san-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!


[ 2012/05/02 12:43 ] 未分類(その他) | TB(0) | CM(0)


FXの仕組み